映画のセイサクの違い、知っていますか?

>

同音異義語、使い分けられますか?

「制作」の意味は?

「制作」と「製作」はともに同じ「作」という漢字を含む言葉ですが、たった一文字が違うだけで大きく意味が違うということをご存知でしょうか。

「制作」の意味は、芸術作品と言われるものを作る場合に使われる言葉です。
芸術作品の例としては、絵画や音楽はもちろん、映画やドラマといった映像も含まれます。
また、書やガラス細工、陶芸品などの工芸品、著作権の発生するもの、Webサイトデザインなどのようなものまで広く含まれます。
創作物全体を指していることもあるということですね。

ですから、「制作」という言葉の大きな特徴としては個人の才能や創造性が求められるものをつくるということです。
すなわち、そういったものをつくるときには「制作」を用いるのが正しいということなのですね。

ものづくりは「製作」

街を歩いていると、「○○製作所」というような社名の機械メーカーや工場などを見かけることがあります。
特に気に留めたことはなかったかもしれませんが、それらの漢字をよく見ると、みな「製作」の字を使っていることに気づきます。

「製作」という言葉は、このような機械メーカーや工場などのものづくりの現場で製造、加工される電子機器や家電などの器具、工業用の精密機械を作ることを指します。
私たちの身の回りの生活に関わるものをつくることが「製作」なのです。

では、「制作」との大きな違いとは何でしょうか。
それは、「制作」が個人の才能などによって左右されるのに対して、「製作」の場合は製造するまでの工程などをマニュアル化できることです。
マニュアル化できるということは、多くの人がものづくりに参入することができるため、大量生産を可能にしているということなのです。